2010/12/18

永続的リンク 2010/12/18 23:01:46 , カテゴリ: その他, , , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

森林分野CPDの認定プログラム企画! 

【緑の募金事業】海と山をつなぐ環境と技術に関する研修会のご案内


【森林分野CPDの認定プログラムです!】 
 
「海と山をつなぐ環境と技術」に関する研修会のご案内 
 

 

おはようございます! 
 
先日は、山形県南陽市で、親子で参加できる 
グリーティングカードつくりをとおして 
やさしく環境教育しました。 
 
今回はプロの方向けの講座を企画しました!  
 
 
 
参加資格はありません。 
 
技術士の方はもちろん、海のこと、山のこと、森のことに 
興味がある方は、参加することができます!

私たちの暮らしは、日々進歩し便利になる一方で、 
地球温暖化の影響による局所的な集中豪雨や竜巻、 
猛暑や大型台風など、異常気象のニュースが頻繁に 
流れるようになりました。 
 
環境に対する意識や配慮が 
高まっているなかで、私たちは環境問題の根源を 
理解しているでしょうか? 

一般の方はもちろん、 
日々自然災害に立ち向かっている技術者の方たちへ、 
①森・川・海の繋がり 
②豊かな海の森をつくるために必要なこと 
③山の森の実際・・・など、 
地球温暖化の奥底に眠る 
本質を学んでいただきたく、この度研修会を企画いたしました。 
 
皆様のご参加をお待ちしております!  
 

  
 
名称 : 『海と山をつなぐ環境と技術』に関する研修会 
主催 : 海藻おしば協会 
日時 : 2011年1月12日(水)13:30~17:00 
会場 : 〒330-0074埼玉県さいたま市北浦和2-12-11  
    国土防災技術株式会社 浦和青葉ビル4F会議室 
定員 : 50名 
内容 : 研修講座① 13:30~15:40  
    ~海の森と山の森~ 
    講師:横浜康継氏 宮城県南三陸町自然環境活用センター所長
    研修講座② 16:00~17:00  
    ~海と山のごちそう~  
    講師:田中賢治氏 技術士(総合技術監理・森林・農業部門) 
       環境カウンセラー
参加費 : 無料 
申込要領 : 以下の参加申込書に必要事項を記入の上、  
      FAXにてお申込みください。 
      なお、定員になり次第受付終了とさせて 
      いただきますのでご了承ください。
     満席の場合は、事務局からご連絡いたします。 

申込み期限2010年12月24日(金)13:00まで   
 
※↓↓こちらの申込用紙をご利用ください。 
 

 
 
 
問合せ先 : 〒105-0001東京都港区虎ノ門3-18-5 
      国土防災技術株式会社内
      海藻おしば協会受付担当:相川圭子
      (℡:03-3432-3546 / E-mail:sinki@jce.co.jp) 
 
 
★森林分野CPDは、どなたが参加するか先に報告しなければならないので 
 当日、突然いらしてもCPDの証明書を発行することはできかねます。 
 ご面倒でも予約をお願い致します。 
  
★〆切り直前に、お申込みが殺到した場合は、 
 ご連絡を頂いた方から先着順といたしますので 
 ご了承下さい。 
 
★受付受理された方には、メールで番号をお知らせします。 
  
★当日、参加確認のご署名を頂きますのでご了承ください。 
 
 
 
横浜康継先生のプロフィール

1935年 6月 東京生まれ
1958年 3月 東京教育大学理学部生物学科卒業
1964年 3月 東京教育大学理学研究科博士課程修了
1965年 4月 東京教育大学助手(理学部付属臨海実験所)
1972年 7月 東京教育大学講師(理学部付属臨海実験所)
1974年 1月 東京教育大学助教授(理学部付属臨海実験所)
1976年 5月 筑波大学助教授(下田臨海実験センター)
1989年 10月 筑波大学教授(下田臨海実験センター)
1992年 4月 筑波大学下田臨海実験センター長併任
1999年 3月 筑波大学を退官
1999年 4月 志津川町自然環境活用センター所長
2005年 10月 歌津町との合併により、南三陸町自然環境活用センター所長 
現在に至る

【著者】
1982年 海藻の謎/三省堂/環境と人間の科学5
1985年 海の中の森の生態/講談社/ブルーバックスB-600
1990年 海藻は不思議の国の草や木/福音館書店/たくさんのふしぎ第62号
1990年 海藻は不思議の国の草や木/福音館書店/たくさんのふしぎ傑作集
1993年 日本の海/共著:目崎茂和・横浜康継/草土文化/日本列島健康診断3
1996年 まるいはマリモ/共著:横浜康継・若菜勇/福音館書店/たくさんのふしぎ第134号
1996年 海藻おしば/共著:横浜康継・野田三千代/海游舎
1998年 海藻おしばを楽しむ/共著:野田三千代・横浜康継/日本ヴォーグ社
2001年 海の森からのメッセージ/共著:川嶋昭二・横浜康継・福田広一/栃木県立博物館
2001年 海の森の物語/新潮社/新潮選書
他多数。
 
田中賢治先生のプロフィール

 1988年島根大学農学部林学科卒業後, 
国土防災技術株式会社入社,現在は本社事業本部緑環境事業部に勤務。 
日本全国および東アジア地域の荒廃地斜面の土壌を採取して, 
土壌の理化学性を評価しながら森林の健全化,斜面の復元手法の 
研究緑化資材・手法の研究を進めている。
学会は,日本森林学会,砂防学会,日本緑化工学会等に参加しており, 
日本緑化工学会では土壌の塩基飽和度が植物に及ぼす影響,有機物の 
化学的緩衝能力を活用した極強酸性土壌における緑化や未分解有機物 
を利用した人工腐植土の開発等の発表がある。
建設コンサルタント研究発表会(関西支部)で優秀賞,第43回林道 
研究発表会では,現地採取種子を導入した斜面保護工で奨励賞,全地 
連「技術e-フォーラム2009」で優秀技術発表者賞等を受賞して 
いる。
知っておきたい斜面のはなしQ&A-斜面と暮らす-(土木学会共著)で は,緑化基盤材の物理・化学性を整えるポイントは何を担当し,斜面 
防災技術(社)斜面防災対策技術協会では,緑化:荒廃地の自然を復元 
するための手法および新たな試み(その1~3)を担当している。 
島根県で行われている緑の募金事業の森林整備活動のアドバイザーと 
なっており,各種講演会をこなす。 
テレビではNHKの「モリゾー・キッコロ森へ行こうよ!」等に 
出演している。 
近年においては,北広島町が行っているグラウンド緑化に 
技術アドバイザーとして参画し,国立お茶の水女子大付属小学校の 
グラウンド等の芝生化をサポートしている。 
 
技術士(総合技術監理・森林・農業部門) 
環境カウンセラー(事業者・市民) 
日本技術士会 森林・農業・水産部会 
日本緑化工協会 理事 
日本緑化工学会 編集委員会幹事 
斜面緑化研究部会 幹事 
国立大学法人島根大学 非常勤講師 
日本大学 非常勤講師 

あつ

2010/12/14

永続的リンク 2010/12/14 20:25:09 , カテゴリ: , , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

【緑の募金事業】山の森から海の森まで・・・「海藻おしば」無事終了!

 
山形県南陽市は赤湯で開催したイベントが 
無事に終了しました!
 
このイベントは、緑の募金の助成を受けて 
開催できることになりました!!   
 
この助成を受けての事業は2011年8月末まで 
行われます。 
 
趣旨は次の通り。 
 
【緑の募金事業】 
山の森から海の森まで・・・ 
 
「山の森を整備することの大切さを教え、 
 海の森の保全促進を図る緑化事業」 
 
この事業は、(社)国土緑化推進機構から緑の募金の助成を受け 
森林を適正に整備することで、河川を通じた森林からのミネラル補給の 
大切さと、海に生育する海藻類がつくる藻場の保護育成に寄与すると 
ともに、森と海とのかかわりの理解を促進させることを目的に、 
緑のボランティアの協力により実施されたものです。  
 
すごく難しく感じる文書ですが、 
 
 
要は・・・ 
山の森も海の森も、河川を通して繋がってるよ♪ 
山の森は、ちゃ~んと手入れしてあげないと、元気がなくなっちゃうので 
きちんとお手入れしてあげて、海の森までいい栄養が届くようにしようね! 
そのために、山の森の整備をしましょ!&山と海の森のこと… 
切り離して考えないでどっちも勉強してみましょ★ 
ということ。 
 
 
こちらのお手伝いをしています! 
 
皆さんは、「緑の羽根」ってご存知ですか? 
 
赤い羽根ならご存知かな~。 
 
良く募金箱を下げて「募金にご協力お願いします!!」 
 
なんて、駅などで声を出している学生さんなんか見かけますね~。
 
というわけで、それらの募金から体験会を開催することができました!!! 
 
 
まずは「海藻おしば」体験。 
 
海藻おしばは誰にでも簡単につくれる 
アートづくりを通して、山はもちろん 
海にもある森のことを知ってもらいたい。  
 
講話やDVD観賞を終えたら 
「クリスマスカード」や「年賀状」を 
作っていきます。 
 

 
 
受付開始時間になると、沢山の方が 
ぞくぞくと予約された方がいらっしゃいました!  
  

 
 
すごい!みなさんやる気まんまんですね! 
すばらしい! 
 

 
 
まずは開会のあいさつ(わたし)。 
 

 
 
そして、海藻おしば協会の野田会長より 
海の森を、自然と守ってほしい!というメッセージが 
たくさんつまったお話。 
 

 
 
海底にいる気持ちになって、海の森のDVDを観賞します。 
 

 
 
次はわたしから、山の森のお話。 
 

 
 
さあいよいよカードつくり!と行きたいところですが 
私たちが普段食べている海藻は、きれいにカットされたもの。 
 
本当はどんな形をしていて、どのくらいの大きさなのか 
見てもらいましょう! 
右はヒジキで、左はもずくかな。 
 

 
 
認定指導員のデモンストレーションをみて 
海藻おしばの作り方を教わります。 

海藻がテーブルに運ばれてくると 
ふんわりと磯の香りがしてきますね~~。 
まるで海岸にいるようです。 
 

 

作り出すと、みなさん夢中!!!  
  
カードつくりに使う海藻は、トサカやマクサやフシツナギなど 
全部で9種類。 
 

 
 
素敵な作品がぞくぞく出来上がっていきました!! 
 
お預かりした作品は、講師が丁寧に乾燥作業をし 
はがれおち防止のラミネート加工をして 
郵送でお届けします。 
 
もうきっと、みなさんのお手元に届いてるころですよね。 
 
カードを見たら、あのとき教わったことや 
自分にできそうな環境にいいこと 
生活の中に取り入れてみましょうね。 
 
 
この日はなんと、午前・午後あわせて、
南陽市を中心に79名の方がお越しくださいました!!!! 
 
12/4は、青森まで新幹線が開通した日。  
そして、東北の天気は荒れに荒れた日・・・。  
 
スタッフの乗っていた新幹線も遅延しました。 
 
そんな中、参加してくださった皆様、本当にありがとうございます!!! 
 
また山形でお会いしましょう♪ 
 
 
次の緑の募金助成事業のイベントは 
埼玉県さいたま市(北浦和)で行う 
もう少し難しい研修会を開きます。 
 
日にちは2011年1月12日13:30~。 
森林分野CPDが3.5点取得できる研修ですので 
技術士で継続教育を必要としている方!必見ですよ! 
 
こちらの詳しい案内はまた後日!  

///////////////////////////////////////////////////////

イベントの情報・・・・・・・・
2010年12月4日(土) 
 
【緑の募金事業】 
山形南陽!親子で参加できるグリーティングカードづくり! 
 
【参加費無料!!】
 
 

 
 
クリックすると画像が大きくなります。 
 

 
 
■ ■ ■ ■ ■ このイベントの情報 ■ ■ ■ ■ ■
 
親子で参加できる! 
グリーティングカードづくり 

【緑の募金事業:山の森から海の森まで】
 
海藻おしばで【年賀状】【クリスマスカード】をつくろう!! 

“海藻おしば”って知ってる?
山に森があるように、海にも森があることを知っていますか?
海の森の大切さのお話と海藻おしば作りを体験しながら
山の森と海の森が仲良しであることを知る体験講座です!

★日時  
2010年12月4日(土) 

★スケジュール 
午前:10:30~12:30(受付10:00~) 
午後:13:30~15:30(受付13:00~) 
 
★場所 
山形県南陽市
南陽市中央公民館(大会議室) 
山形県南陽市赤湯791-1 
電話:0238-50-1140 
 
★持ち物 手拭タオル 

★定員 50名(定員になり次第受付終了とさせていただきます) 
 
★参加費 無料! 
     午前・午後ともに内容は同じです。 
 
★講師 野田三千代(海藻おしば協会会長) 
 
★内容 体験は2時間です。 
    海の森の映像を含めたレクチャーと
    海藻おしばをつかったハガキ制作1枚。
    ハガキは、クリスマスか年賀状を選んでいただきます。
  
★主催 海藻おしば協会 協賛:国土防災技術株式会社 
 
★ご注意 
 ・年齢制限はありませんが、未就学児童のお子様は  
  保護者同伴で予約・参加してください。  
 ・出来上がった海藻おしば作品は、当日お持帰りできません。 
  作品は、講師が持ち帰り、押し・乾燥後、ラミネート加工をして 
  約1週間後にご郵送させて頂きます。 
 ・作品郵送のため、個人情報をお伺いしますが、  
  作品返却以外の目的で使用・勧誘などすることは一切ありません。
 
★お申込みはメールかFAXで!
 
 【e-mailの場合】  
 e-mailの場合は以下の項目をご記入の上
 sinki@jce.co.jp まで送信してください。
  
 【件名】緑の募金12/4海藻おしば体験申込み 
  ・希望時間 ( )午前 ( )午後 
  ・希望ハガキ 年賀状・クリスマス 
  ・名前 
  ・郵便番号 
  ・ご住所 
  ・電話番号 

 【FAXの場合】 
  ・チラシの裏面に必要事項をお書きの上、 
   03-3432-3576 までお送りください。
 
  ★大変お手数ですが、郵送トラブルを避けるため、 
   参加される方はお1人ずつお申込みください。 
   代表の方がまとめられても構いませんが、 
   作品の送り先を明確にしてください。 
 
当日お会いできるのを楽しみにしております♪ 
 
どうぞ奮ってご参加ください! 

///////////////////////////////////////////////////////

ありがとうございました!! 
  
あつ

2010/06/28

永続的リンク 2010/06/28 17:30:00 , カテゴリ: , ものづくり, イベント, 環境・防災教育, たけむー

「第4回美しい森林(もり)づくり推進会議~子どもたちによる森林づくりを支える
パートナーシップ」に出席しました!

プログラムはこちら↓

美しい森林づくり全国推進会議プログラム



今年で4回目になるこの会議。

サブテーマは
「子どもたちによる森林づくりを支えるパートナーシップ」:)

登山家でプロスキーヤーの
三浦雄一郎さんの特別講演のほか、
子どもたち、特に幼児期から参加できる森林づくりに
フォーカスした活動をしている団体・NPOの
事例報告がありました。

その中で、東京おもちゃ美術館の館長も兼ねていらっしゃる
NPOグッドトイ委員会理事長の多田千尋氏によると
「日本のおもちゃ自給率は5%」とのこと。

低いですね…88|

多田氏は、特に国産材で作ったおもちゃの普及に
携わっていらっしゃるそうですが、
日本にはスギやヒノキなど素材(=木材)はたくさんあるのに、
作り手が少なくなっているそうです:(

確かに、木のおもちゃのよさは知っていたけど
どうしてもドイツなどヨーロッパで作られたものを
多く見かけますよね。

でも、国産材を使った木製おもちゃは
国産材を積極的に消費するだけでなく、
日本の伝統や技を保全・継承していく意味でも
価値があることなんだそうです:idea::idea:

「エコ」という言葉もかなり国民的にも浸透してきましたが、
エコバックじゃない、もう一歩踏み込んだ「エコ」が
こういったところからさらに拡がっていくといいですね:D

ファシリテーターの美しい森林づくり全国推進会議事務局長の
「森林は、私たちの先祖から、
私たち、さらに次世代への『レンタル』」
という言葉。

日々、意識していきたいですね。

ではまた。

byたけむー

「第4回美しい森林(もり)づくり推進会議~子どもたちによる森林づくりを支えるパートナーシップ」
【日時】平成22年6月24日(木)
【場所】「全国都市会館」2F大ホール(東京都千代田区)
【主催】美しい森林づくり全国推進会議

美しい森林作り全国推進会議HPはこちらから
http://www.b-forest.org/index.html

2010/05/25

永続的リンク 2010/05/25 11:15:47 , カテゴリ: , 環境・防災教育, たけむー

緑のカーテン

こんにちわ。たけむーです。

もうすぐ6月ですね。
あつ~い夏もすぐそこ:oops:
涼を求めて木陰をわたりあるく日々・・・
少しでも緑が多いとうれしいですよね:D

私たちの会社でも、
緑化事業を手がけているんですが、
ひとりからでも緑を増やす取り組みとして、
自宅で緑のカーテンの準備を始めました:)
去年に引き続き2度目のトライです。

みなさんは緑のカーテンってご存知ですか?

ベランダなんかに支柱を立てたりネットを張って、
朝顔・ゴーヤ・へちまなどつる性の植物をカーテン状に
育てることで、真夏のあつ~い直射日光をさえぎって、
室内の温度低く抑える取り組みですB)

はっぱの茂り方で効果にはかなり違いが出るらしく、
最大約10℃も違うことも!!
そんなに涼しくなるんだったら・・・って思いますよね?

ちなみに近所の杉並区役所では、去年の夏
まさに『緑のカーテン』!といったかんじで
はっぱがわんさか↓

緑のカーテン_杉並区役所


これくらいだとマイナス10度くらいの効果ありそうですよね??



残念ながら自宅で挑戦した緑のカーテンは↓

緑のカーテン_自宅


『緑の網戸』といったかんじでしょうか・・・
気分的には涼しかったですが。

今年はもう少しレベルアップできればな~と思っています。

みなさんも夏に向けて緑のカーテン、
挑戦してみませんか:D


2010/03/19

地球のカケラ★ワークショップ@米沢


今月延期になってしまった米沢でのイベントですが
日にちが決まったのでお知らせします♪

B) B) B) B) B)

日にち 平成22年4月17日(土)
9:30~11:50
場 所 南原コミュニティセンター
米沢市大字南原猪苗代町2,910-2
インストラクター 渥美圭子
定 員 20名
参加費 材料代としてひとり400円
(家族の場合1家族で600円)
持ち物 特に必要ありませんが、飲み物などは各自ご準備願います


恐竜時代から眠っている地球の粘土から作った絵の具
「ドパス」を使ってお絵かきしてみよう!
恐竜時代から眠っている粘土ってどんな色だろう???
自然の土の色合いで自然を描いてみよう♪
だがしや楽校での新たな遊びの提案です!

お申込みは・・・
地域づくり部会 下記のいずれも山口まで
電話 090−7325−8297
メール orc3208@ms3.omn.ne.jp
FAX  0238−38−6525

主催:米沢市ボランティア連絡協議会 地域づくり部会 
   だがしや楽校 だがしや倶楽部 山形県内陸事務局

;) ;) ;) ;) ;)

★スケジュール★
①ドパスってなあに?
 紙芝居を見よう!
②身近な自然を探しに行こう♪自然を探してみよう!
③最後にドパスで描いてみよう
 恐竜や見つけた自然をドパスで描きましょう♪
④きょうのまとめ

※スケジュールは天候などにより
予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

:) :) :) :) :)


今年は桜の開花が早そうですね。

“私の自然”を見つけるのに、ちょうど良い季節でしょうね~:))

米沢へ行くのがとっても楽しみです♪

あつ

:: 次のページ >>

紹介

地域ホームページ盛岡を管理している管理人のブログです。きれいな地球を残していくことに命を懸けてます!このブログでは,土や水,緑に関することを中心に考えていきたいと思います。自然の脅威についても紹介します。

:: 次のページ >>

Archives

リンクブログ

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

powered by
b2evolution
ブログ一六社

カレンダー

2018年2月
<< <     
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?