2010/08/03

永続的リンク 2010/08/03 21:59:53 , カテゴリ: その他, , あっちゃん, イベント, ドパス・土

重要文化財でワークショップをします★

:D


皆様、こんばんわ♪


いつもこのブログへ
ご訪問ありがとうございます!

今日は、久々に都内でのワークショップのお知らせです。

とっても素敵な場所なので、
ふらふらとお散歩も楽しいと思います★

建物は、フランク・ロイド・ライトの設計により建設されたんですって!!

こんなところでワークショップができるなんて!

すっごく素敵なアート作品ができちゃいそう!!


utteマルシェ
-アートと雑貨の生まれる学校-

バナーをクリック!でHPにジャンプ♪

9/22(水)12-18時
9/23(木・祝)10-18時

自由学園明日館

東京都豊島区西池袋2-31-3
電話03-3971-7326

重要文化財の元学校である素敵な場所「自由学園明日館」で、
クリエイターによる作品の展示・販売を開催します。
お気軽にご参加いただけるワークショップも多数開催します。


ワークショップは要予約です。


詳細・ご予約は http://www.utte.co.jp まで。
8/16から上記のHPにてワークショップの予約ができます。


私は、9/23 16:30~18:00(90分)の 
「ドパスと海藻の手作りアート」

で参加します!奮ってご応募ください★

■ 日時:9月23日(木曜・祝日)16:30から18:00まで
        定員:8名 予約をお奨めします。※空きがあれば当日参加も可!

■ 参加費:お1人様3,000円(材料:額代込)
     小学生以上のお子様から参加できます。
     中学生以下の年齢のお子様は、パパ・ママと同伴してね♪
     ★保護者同伴の場合は・・・
      アート作りは2枚、額は一つお渡ししますので
      その制作範囲で楽しんでいただければ親子で3,000円でOKです。

■ 講師:あつみけいこ
 イラストレーター/海藻おしば協会認定指導員第6号/パステル和アート公認インストラクター

■ 汚れても良い格好で来てください!!

■ 何を作るか?・・・合計2枚つくります。
 ★ジュラ紀の粘土から出来た絵の具「ドパス」を使ったはがき大の絵を1枚。
 ★海藻と粘土をつかったはがき大の絵1枚。

■ 海藻を使った作品に限っては、乾燥させる作業があり、
 当日お返しできませんので、氏名や住所などの個人情報をお伺いします。
 頂いた個人情報は、作品をお送りする以外に、使用することはありません。

■ こういうの、つくります!

 今ね、このワークショップのために
 タイから素敵な古木の額を取り寄せてるんですよ!
  


 作品は、その素敵な額に入れてお持帰りしていただきます♪
 
 ※写真とまったく同じ物とは限りません・・・  

 
 ↑この海藻な~んだ?? 

 素敵な作品を一緒に作りましょう~!! 


そうだ!

DMが欲しい方は、

atsumi-k@jce.co.jp か bam37753@hotmail.com まで

以下の内容を記入してメールください!!

メールの件名は 【DMを送って下さい】でお願いします。 

★氏名
★郵便番号
★住所

自由学園明日館は、重要文化財。
一般の方のご案内には、「入場料」を設けていますが
イベント会場への出入りに限っては無料とのこと。

入場に関する詳しいことはこちら。 

DMがあるほうが入場がスムーズかも!!

DM欲しいと言う方は、お気軽にメールください♪

私が直接お葉書をだしますね!



もう少し先のワークショップのご案内ですが

きっとまだ9月も残暑が厳しいことでしょう!

粘土と海藻のワークショップで涼しく!

そして、、

暑かった夏の想い出を語り合いましょうね♪


ランキングはこちらをクリック!

2010/03/26

永続的リンク 2010/03/26 12:14:05 , カテゴリ: , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

=> => => その4

2010年3月20日~21日。

海藻おしば協会・指導者養成講座★3回シリーズの
三回目です。いよいよファイナル。

最終回は、「下田での海藻採取と作品づくり」プログラム。

東京では講義中心だったこの3回講座ですが
下田では実技中心の内容となっています。

=> => =>

さあ。

磯での採取が終ったら、筑波大学下田臨海実験センター研究棟で
海藻をおしばにするための下ごしらえの方法を伺います。


緑藻は緑を保つための色止めをし、紅藻は潮抜きを。
褐藻はアクが多いのであく抜きなどします。

色イロイロ。

おもしろい形。

これらの海藻を美しく海藻おしばにするためには
いくつかのプロセスを踏まなければなりません。

さあ、自分で採取した海藻も含めて
はがきやしおりを作成します。

あまり海藻を重ねすぎたり、硬い部分をそのままにしていると
後でうまくラミネートできないので気をつけながら作っていきます。


・・・・:roll:


翌朝。


自分の海藻おしば作品は、練習のためにも
自分でラミネートをします。

ラミネートをしないと、剥がれたり
湿気を含んで縮れたりしますので
きちんと加工します。
折角つくった作品は、長い間きれいに保存したいですものねっ;)


横浜先生の講義も、いつも面白い切り口。

みなさん集中して傾聴しています。



一通り講座・講義を終了してみんなでお片付け。

2日間、大変お世話になりました!!

・・・

帰りの天気は荒れ模様。
時折雨交じりの強い風がビュービュー吹いていて
黄砂がガンガン飛んでいた日でした。

いつもは大人しい鍋田湾が、めずらしく白波を立てています。

まわりの南国っぽい木々も、
風にあおられて、しなやかな枝葉を揺らしています。

伊豆急下田駅に到着すると、案の定電車が遅れてる・・・XX(

74分遅れで東京へ到着しました。


あつ

2010/03/25

永続的リンク 2010/03/25 11:06:28 , カテゴリ: , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

海藻おしば協会:指導者養成講座・3回シリーズ/3回目 その3

=> => => その3

2010年3月20日~21日。

海藻おしば協会・指導者養成講座★3回シリーズの
三回目です。いよいよファイナル。

最終回は、「下田での海藻採取と作品づくり」プログラム。

東京では講義中心だったこの3回講座ですが
下田では実技中心の内容となっています。

=> => => 

磯での採取も終ったら、今度はちょっと一息、
観光名所を見学しにいきます。

まずは、竜宮窟。


微妙な高さの階段を下り
足を運びにくい絶妙なサイズの石の上を
えっちらおっちら歩いていくと・・・


まるで別世界!


波の浸食作用で出来た不思議な穴。

光ってる穴の後ろ側が、大海原。

人の小ささがわかります??

人が歩いているところが陸で、空も吹き抜けに。
井戸のそこのような、不思議な感じ。


地層もくっきりです。

この洞窟の全貌のイメージは、
紅の豚に出てくるプライベートビーチのような感じ。
砂浜ではないですけどね。


どこを見ても不思議な空間。
自然の力ってすごい。
どんなに人工的に見えても、人の手では作り出せない形を作り出す。
神技ですね。

さて、洞窟を堪能したらちょっと先にある田牛サンドスキー場へ。


ひえ~~!高い!


しかしみんな楽しそうにソリで滑って降りてきます。
そして苦しそうに砂の山を登っていきます(笑)

もしかして、実際登ってみたらそれほど高さを感じないのかも?

これまた自然の造形物で、なんと風で吹きあげられて
傾斜30度という急斜面を作っているそうなんです。

不思議ですね~!!

砂山の終わりは、今は石がごろごろ、ですが
昔は砂浜だったとか。


ところで、田牛って「とうじ」と読むそうですよ。

これまた読み方も不思議ですね。



つづく・・・


あつ

2010/03/24

永続的リンク 2010/03/24 09:29:40 , カテゴリ: , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

海藻おしば協会:指導者養成講座・3回シリーズ/3回目 その2

=> => => その2

2010年3月20日~21日。

海藻おしば協会・指導者養成講座★3回シリーズの
三回目です。いよいよファイナル。

最終回は、「下田での海藻採取と作品づくり」プログラム。

東京では講義中心だったこの3回講座ですが
下田では実技中心の内容となっています。

=> => =>

浜での採集と観察が終わったら
今度は磯へ。


よく潮が引いていてどこまでも歩いて行けそう。


途中美しいハマダイコンに出会う。


さっきの浜と違って、ごろごろジャリジャリと石だらけ。
つまづかないよう丁寧に石の上を歩いていきます。


まるで髭のような、名前もそのまんまの「イワヒゲ」も良く見えてる。


ヒジキもびーーっしりと。今シーズンなんですねえ。


潮が引いて乾燥しても生きていける浅瀬の海藻を観察します。
アオサヒトエグサがいっぱい。
あいだにイワヒゲイロロなどが黒く顔を出します。

潮がたまっている岩のへこみを、良~く目を凝らしてみると・・・

ヤドカリや貝、ナマコ、ヒトデ、カニ、小さな魚たち
生活している様子を覗くことができます。


ハマダイコンに負けじと、菜の花も真っ盛りです。

去年の勉強会は4月だったので、桜が見ごろでした。
菜の花も季節もいいよね。

そよそよと風が吹くたびに、黄色い絨毯があたり一面
どこか懐かしいアブラナの香りを漂わせていました。


つづく・・・


あつ

2010/03/23

永続的リンク 2010/03/23 10:12:18 , カテゴリ: , あっちゃん, イベント, 環境・防災教育

海藻おしば協会:指導者養成講座・3回シリーズ/3回目 その1

=> => => その1

海藻おしば協会・指導者養成講座★3回シリーズの
三回目です。いよいよファイナル。

最終回は、「下田での海藻採取と作品づくり」プログラム。

東京では講義中心だったこの3回講座ですが
下田では実技中心の内容となっています。

今日の弓ヶ浜のご機嫌は?:roll:


海が荒れた後に、海藻は漂着するので
今日はどうも少ない様子。

しかも、フレッシュなものがあまりなく
乾燥し始めているのも多数。

おしばをするには、このほうが丈夫らしいんですがね~。


皆で観察して、横浜先生の解説を伺います。


自分でも採取してみましょう~!
海藻おしばのポリシーは、漂着している海藻で作品を作ること。

生えてるのをブチっとやってはいけません。
それは自然破壊ですからね。


おっ!


乾き始めた砂の上をみると、
ヒラクサが自ら上手に広がってる!


あれ?

プラスチックゴミにまで海藻がペタリ。

この弓ヶ浜のあたりでは、ヒラクサユカリなどの
紅藻がよくみられますね。


つづく・・・

あつ

<< 前のページ :: 次のページ >>

紹介

地域ホームページ盛岡を管理している管理人のブログです。きれいな地球を残していくことに命を懸けてます!このブログでは,土や水,緑に関することを中心に考えていきたいと思います。自然の脅威についても紹介します。

<< 前のページ :: 次のページ >>

Archives

リンクブログ

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

powered by
b2evolution
ブログ一六社

カレンダー

2018年9月
<< <     
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?